FC2 Blog Ranking

トップ  >  暮らし  >  クリスマスケーキの不思議

クリスマスケーキの不思議

2009年12月25日

何でクリスマスにケーキを食べるのかなあ?



クリスマスイブの昨日 後輩から電話をいただき ”私はクリスマス昨日しました”
なんて幸せそうに話すので ”クリスマスケーキを食べるためにクリスマスという日ははあるんじゃねーぞ”

と皮肉っぽく言いましたが(かく言う私は仕事だったので・・

ほんと最近理屈っぽくなって 何気ないことを 何でだろって思うようになってきました
特にクリスマスケーキ  何で食べるの?

というときはウィキペデイア(これ本当に面白いよね)

まずクリスマスとは何?

イエス・キリストの降誕(誕生)を祝うキリスト教の記念日・祭日である。「神が人間として産まれてきたこと」を祝うことが本質である。12月25日がこれに当たるが、キリスト教に先立つユダヤ教の暦では日没を一日の境目としているので12月24日夕刻から朝までをクリスマス・イヴとして祝う。

だそうです・・

キリスト教圏では、クリスマスには主に家族と過ごし、クリスマスツリー(常緑樹で、一般にモミの木)の下にプレゼントを置く。プレゼントを贈る気持ちである「愛」の日でもある

みなさん 家族と過ごしましたか?

ここで本題 クリスマスケーキは・・・

日本のクリスマスケーキの歴史は、菓子メーカー不二家創業の明治43年(西暦1910年)までさかのぼる、
現代の日本では、スポンジケーキにホイップクリームやバタークリームを塗り、
砂糖細工のサンタクロースやクリスマスツリー、イチゴやチョコレートを飾りつけたものが一般的である。

これは不二家が大正11年(西暦1922年)頃から広めたものである。


近年、日本の一部や韓国ではバースデーケーキのように、クリスマスケーキにろうそくを灯すものも見られ、
サンタクロースをかたどったろうそくも見うけるが、
英連邦諸国でクリスマスケーキにろうそくの火を灯すことはない。

また日本では慣習的にクリスマス当日ではなく、イブの晩に食べられることも多い。
グリコ乳業が、すべてアイスクリームで出来たクリスマスケーキを「アイスケーキ」として販売した事もある。


やっぱり お菓子メーカーの策略だった・・・


でも知らないほうが 幸せなときもあったりして・・・


ポチット お願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

地盤改良の話 | トップページへ戻る | クリスマスの訪問者

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

坂の上の雲 英語 本

「坂の上の雲」の登場人物のこと―司馬史観とは? 先月末からテレビドラマ「坂の上の雲」が始まった。これを機会に「坂の上の雲」の主要な登場人物をさらってみることにする。但しこの小説とは必ずしも一致していないし、この小説には描かれていないことも含む。 ところ

  1. 坂の上の雲 最新情報: 2009年12月25日

このページのトップに戻る